活動紹介

吹奏楽部の活動

【吹奏楽部】(世界初演)4つの応援曲

4つの応援曲選抜大会で,大阪桐蔭高等学校応援団の演奏を間近に聞くことができました。同校吹奏楽部は,J-pop からオリジナル曲を数多く演奏していました。
帰校後,部員と応援の反省会をする中で「鳴門高校にもオリジナル曲が欲しい」と意見が出ました。
そこで,顧問の前任校の教え子であり,本県出身の昨年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲の作曲家・尾方凜斗先生に依頼したところ,快く引き受けていただきました。
応援曲は全4曲あり,まだ曲名はありません。テレビ放送では「題名のない応援曲です」と紹介されました。
そのうちの1曲は,ヴェートーベンの交響曲第九番第4楽章の『歓喜の歌』がモチーフになっています。


尾方先生より「阿波踊りは既にされているので,第九を軽快な曲調にしてみました」
今回の甲子園では,ヒットが出たときに使用させていただきました。
また,残る3曲は各イニングの冒頭に使用し,アルプススタンドに勢いをつけました。
これからもいろいろなステージで使用してきたいと思います。
尾方先生,ありがとうございました。

 

 

【試合後,尾方先生より】
こんばんは、今日は素敵な演奏をありがとうございました!!
ネット中継で聴いていましたが、4曲ともしっかりと聴こえてきて感動的でした。昨年の吹コン全国(吹奏楽部の甲子園)、今年の全国高校野球 と、ダブル甲子園で自作が演奏されて感無量です。本当にありがとうございました。

 

2019年県知事表敬訪問【尾方凜斗プロフィール】
(写真は,県知事表敬訪問の時です)
1995年徳島県徳島市出身。東京音楽大学大学院作曲指揮専攻作曲研究領域(芸術)を修了。桐朋学園大学音楽学部カレッジ・ディプロマ・コース作曲専攻を年次修了。作曲を伊藤弘之、原田敬子、細川俊夫、伊左治直の各氏に師事。湯浅譲二と松平頼暁各氏のマスタークラスを受ける。 いわゆる現代音楽を中心とした創作活動やスクール・バンド向けの作/編曲、吹奏楽コンクール審査員、合奏レッスンの講師等の活動を展開している。 これまでに、第12回全日本吹奏楽連盟作曲コンクール第1位、第18回弘前桜の園作曲コンクール一般部門(審査委員長:下山一二三)第1位、弘前市長賞などを受賞。スクール・バンドを対象とした作品は、東京佼成ウインドオーケストラやOsaka Shion Wind Orchestraなどによって演奏され、全日本吹奏楽連盟とティーダ出版によって出版されている。 作曲の会「Shining」会員。

【吹奏楽部】春夏連続のアルプススタンド

ホルンパート8月7日、本校硬式野球部が第104回全国高校野球選手権大会に出場するため,吹奏楽部も応援に行ってきました。

今回は,日程の都合がついた部員30人とOB・OGと教員を含めた総勢36人での演奏でした。

対戦相手は,高校野球も吹奏楽も強豪校の近江高等学校でした。

 

打楽器パート抽選会後,部員たちは対戦相手が選抜の準優勝校であることに驚きましたが,全国大会の舞台で共演できる喜びを感じ,『鳴門高校アルプススタンドが一丸になるように演奏しよう』と決意しました。

今回の選曲は,新曲7曲を含めた計18曲を準備しました。試合まで日程が詰まっていたため,ダンス部員との合同練習がなく,当日を迎えることとなり不安でいっぱいでした。

 

トロンボーンパート今回からヒットが出たときは『第九』をモチーフとした新曲のオリジナル曲を演奏しました。そして,得点が入ったときにのみ聴くことができる『阿波踊り』も。

初回から,この2曲を甲子園球場いっぱいに響きわたらせることができました!

最終回までに用意していた全18曲を演奏することができました。最終回は,新曲を続けて演奏し,ダンス部とのタイミングもぴったり。そして,アルプススタンドが一体となりました。

 

 スーザフォンテレビ放映を見ていた方やグラウンドでプレーをしていた方,アルプススタンドで一緒に応援していた方から『よー音が鳴っていたよ』と最大の褒め言葉をいただきました。

今回,多くの反省点も見つかりましたので,今後の活動に生かしたいと思います。

この度の甲子園演奏に際しまして,多くの方々にご協力いただき感謝申し上げます。

【吹奏楽部】近江高校吹奏楽部の皆さんと

両部幹部で健闘を誓う8月7日(日)

第104回全国高校野球選手権大会 大会2日目第4試合
近江高等学校vs 鳴門高等学校
試合前に,阪神甲子園球場隣の5号スパンで近江高等学校応援団と一緒になりました。
初対面でしたが,部員同士,顧問同士が交流し,お互いの健闘を誓いました。

 

 両部,顧問で健闘を誓う顧問同士も初対面でしたが,両吹奏楽部は同じ講師でつながっていて,以前よりお互いの吹奏楽部をリスペクトしていました。
また,本校顧問と近江高等学校OBが同じ楽団に所属している縁もあり,話が弾みました。
そして,そのOBに中学生の時にレッスンを受けた生徒が本校に数名いるという偶然も。

アルプススタンドに向かう前に,交流を深めることができました。

【吹奏楽部】多くの方に支えられて

 コロナ禍ではありますが,コロナ感染症防止対策を万全に施し,ルールに基づいて,この一年間で全てのパートでレッスンを行いました。

 講師は,県内在住の音楽家や作曲家の尾方凛斗先生やオオサカ・シオン・ウインド・オーケストラの打楽器奏者の多畑秀城先生を始め,プロ奏者の方に来校していただきました。

 楽器経験が浅い部員のために基本的な奏法からフラッタータンギングなど高度な技術まで,多くのことを教えていただきました。部員たちは,初めて間近で見るプロの演奏に感激し,数多くの質問をし,実りの多い時間を過ごすことができました。

 多くの先生方に来校していただき,感謝申し上げます。今後ともご指導をよろしくお願いいたします。

打楽器講習作曲家 尾方凛斗先生と

【吹奏楽部】4年ぶりの“ゴールド・金賞” 四国大会へ

無断転用・転載禁止 7月23日(土)香川県観音寺市にあるハイスタッフホールで“第70回全日本吹奏楽コンクール徳島県大会”が開催されました。審査結果は,
 ゴールド・金賞
をいただくことができました!!

 今年は,コロナ感染症防止対策を施し,保護者など学校関係者のみの有観客で開催されました。演奏後は多くの拍手をいただき,安堵するとともに感動しました。

 有観客でしたが,開・閉会式はなく帰校後,楽器の片付けを終え,部員全員でネット発表を待ちました。部長から一団体ずつ成績が読み上げられ,『プログラム2番鳴門高校 金賞・代表』

誰もが想像していなかった夢の“徳島県代表”をいただくことができました。

 猛暑の中、遠路応援にかけつけてくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

 四国大会は8月28日(日)に高知県立県民文化ホールで行われます。あと1か月、悔いの残らないよう1日1日を大切に練習に励んでいきます。

 最後になりましたが,本大会に出場するに際して,ご支援・ご鞭撻をいただいた皆様に感謝申し上げます。

【吹奏楽部】ミニ・コンサートを開催しました

第1部 顧問による指揮第2部 部員による指揮記念撮影 6月25日(土)15時より,全日本吹奏楽コンクール徳島県大会を一ヶ月後に控えたこの日,本校多目的ホールにおいて,新型コロナウイルス感染防止対策を施し,『ミニ・コンサート(保護者対象)』を開催しました。梅雨入りし,当日の昼過ぎには突然の雷雨となり,足下の悪い中,保護者の方々に来場していただき,日頃の練習の成果を披露することが出来ました。
 今回の演奏会の選曲は,「保護者の方に感謝の気持ちを伝えよう」を大切にし,各学年で選曲し,来場された方に楽しんでいただけるようアイデアを出し合いました。また,最後にサプライズとして,委嘱作品4曲の中から急遽2曲を披露しました。


 今回の委嘱作品は,顧問の教え子であり,昨年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲の作曲家であり,徳島県出身の尾方凜斗さんに書いていただきました。楽譜が届いたのが演奏会4日前と練習期間は十分でありませんでしたが,尾方さんからは「是非,演奏をしてください」を激励をいただきました。聞いていただいた方々のアンケートには好評の言葉を多数いただきました。
 吹奏楽部は,これから考査期間の休みに入り,気持ちを一新して7月に観音寺市ハイスタッフホールで行われる全日本吹奏楽コンクール徳島県大会に向けて練習に励みます。3年生と少しでも長く,演奏できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします。

【吹奏楽部】道の駅『くるくるなると』でファンファーレ

4月29日(金)

4月29日(金)、鳴門市大津町にできた『道の駅 くるくるなると』がグランドオープンしました。

そのグランドオープン前の“開駅式典”でファンファーレを依頼され,2・3年生金・打楽器メンバー16名で出演しました。

当日は早朝よりあいにくの雨でしたが,10時からの“開駅式典”の後半,テープカットをファンファーレで盛り上げました。

前日,当日とお世話になった関係の皆様方,本当にありがとうございました。

これからは,新入生を迎えての活動になります。
感謝の気持ちを忘れず,活動を続けていきたいと思っています。
これからも応援,よろしくお願いいたします。

【吹奏楽部】2年ぶりのアルプススタンド

3月24日、本校硬式野球部が第94回選抜高校野球大会に出場するため,吹奏楽部も応援に行ってきました。

コロナ禍のため,今回は1・2年生部員26人での演奏でした。

対戦相手は,高校野球も吹奏楽も強豪校の大阪桐蔭高等学校でした。

抽選会後,部員たちは対戦相手に驚きもありましたが,全国大会の舞台で共演できる喜びを感じ,『鳴門高校アルプススタンドが一丸になるように演奏しよう』と決意しました。

選曲は選手のリクエストを最大限取り入れ、一人一人テーマ曲を選び,野球部員とダンス部員と休日返上で練習し,当日は心を込めて演奏しました。

得点が入ったときにのみ聴くことができる『阿波踊り』も甲子園球場いっぱいに響きわたらせることができました!

テレビ放映を見ていた方やグラウンドでプレーをしていた方,アルプススタンドで一緒に応援していた方から『よー音が鳴っていたよ』と最大の褒め言葉をいただきました。

今回,多くの反省点も見つかりましたので,今後の活動に生かしたいと思います。

この度の甲子園演奏に際しまして,多くの方々にご協力いただき感謝申し上げます。

 開場前アルプススタンド必殺仕事人のテーマ

【吹奏楽部】アンサンブルコンテスト県大会,出場

1月16日(日)に美馬市地域交流センターミライズでおこなわれました
第49回徳島県アンサンブルコンテストに金管八重奏と木管四重奏の2チームが出場しました。
結果は共に銀賞となりましたが、全員よく頑張って演奏できましたので,
部員たちにとっては,日々の努力から得られたものが大きかったと思います。
今回の出場に際し,多くの方にご支援をいただき,ありがとうございました。
今後とも“鳴高吹奏楽部”を見守ってください。
金管八重奏木管四重奏出演者全員

【吹奏楽部】アンサンブル・コンサートを開催しました

打楽器三重奏

金管八重奏

金管六重奏

木管五重奏木管五重奏

木管四重奏

 12月26日(日)午後2時より,本校多目的ホールにおいて,新型コロナウイルス感染防止対策を施し,『アンサンブル・コンサート』を開催しました。
 1月に開催される徳島県アンサンブルコンテストが昨年度に続き,コロナ禍になったため,夏に引き続きコンサートを企画・運営しました。

 演奏チームは,
 1 打楽器三重奏
 2 金管八重奏(県大会出場)
 3 金管六重奏
 4 木管五重奏
 5 木管四重奏(県大会出場)
でした。

 今年度も昨年同様,校内で予選を行い,2チームが県大会に出場することになりました。残り2週間しかありませんが,まずは県代表を目指して練習に励んでいきます。応援よろしくお願いいたします。

 28日は恒例の大掃除をし,部室,トイレなど,日頃練習で使用させていただいている場所を心を込めて掃除しました。

【吹奏楽部】高文祭 ~新体制での初ステージ~

 

10月31日(日),あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)にて開催された『第40回徳島県高等学校総合文化祭【音楽部門】』に出演しました。

私たちにとってこの高文祭は,8月に3年生8名が卒部し,1・2年生26人による新体制での初ステージでした。

今年の演奏曲は,「一日でも早く,卒部した先輩に追いつけ,追い越せ」を合い言葉に,夏の吹奏楽コンクール徳島県大会で演奏したM.アーノルド作曲『第6の幸福をもたらす宿』にしました。

8名の先輩の役割を1・2年生全員でカバーして演奏しました。

この本番を迎えるまで,先輩のいない不安となかなか技術が向上しない自分への苛立ちなどで苦しい時期がありましたが,本番は一転,心ゆくまでステージで“鳴高サウンド”を響かせることができ,笑顔で終えることができました。

同じ曲を演奏することによって,自分たちに足りないこと,夏から成長したことがはっきりとわかり,今後の活動のヒントをつかむことができました。

今後とも“鳴高吹奏楽部”を見守ってください。

 

【吹奏楽部】卒部式

吹奏楽コンクール徳島県大会が行われた観音寺市から帰校し,楽器搬入後,短時間でしたが“卒部式”を行いました。
今回のコンクールで,3年生8名と一緒に演奏するのは最後でした。

3年生が一人一人,3年間の思い出や感謝の言葉,後輩へのメッセージを述べました。

そして,部員全員から指揮者へ感謝の言葉がありました。

指揮者からは,3ヶ月間頑張った部員へ『ゴールド金賞』が贈られました。

3年生の皆さん,大変お世話になり,ありがとうございました。
これからは,1・2年生で頑張っていきます。
少しでも3年生に追いつけるよう頑張ります。

 

【吹奏楽部】吹コン県大会,出場

2年ぶりに開催された,全日本吹奏楽コンクール徳島県大会に出場しました。
今回は,徳島県のホール事情により,香川県観音寺市にある“ハイスタッフホール”で開催されました。
当日は,美馬市にある美馬市地域交流センター“ミライズ”で事前練習を行い,観音寺市へ。
初めてのホールで,2年ぶりのコンクールでもあり,ステージに上がった時は,極度の緊張感に包まれてしまいました。
しかし,タクトが振り下ろされ,演奏が始まると,心地よい響きの中で,日頃出来なかった課題が次から次へとクリアされ,練習以上の演奏をすることが出来ました。
演奏後,部員全員が満面の笑みで,達成感に溢れていました。
結果は,“銅賞”でした。
部員たちにとっては,結果より努力から得られたものが大きかったです。
応援していただいた皆さん,ありがとうございました。

 

【吹奏楽部】新聞取材がありました!

7月24日(土)『校内発表会』後,朝日新聞の取材を受けました。
毎年,同新聞に『吹奏楽コンクール徳島県大会直前特集』が組まれます。今年,その2校のうちの1校に選ばれました。
マスクを外して,声を出さずに,笑顔の集合写真です。
表情を出すのがとても難しかったです。

 

 

【吹奏楽部】保護者対象『校内発表会』を開催しました

 7月24日(土)15時より,本校多目的ホールにおいて,吹奏楽コンクール徳島県大会を控えたこの日,新型コロナウイルス感染防止対策を施し,対策の一環として収容人数を40名以内に抑え,『校内発表会』を開催しました。
 コロナ禍のため,吹奏楽部は1年半の間,保護者の方の前で演奏することができませんでした。そして,今年のコンクールも“無観客開催”になりました。
 そこで,部員たちから「保護者の方に感謝の気持ちを伝えよう」となり,今回の演奏会を企画・運営しました。

    ほとんどの部員が初めての“演奏会”で不安でしたが,今年赴任した本校吹奏楽部OBの稲垣先生の指導により,本日の開催に至りました。

演奏曲(4曲)
 1 校歌
 (吹奏楽コンクール課題曲)
 2 トイズ・パレード
 (吹奏楽コンクール自由曲)
 3 第6の幸福をもたらす宿より
 4 世界に一つだけの花

部長の挨拶より
  こうやって大好きな吹奏楽ができるのは,保護者の方の理解があってこそです。
  吹奏楽コンクール徳島県大会まで,あと一週間です。
  “鳴高サウンド”をホールいっぱい,響かせてきます!
  応援,よろしくお願いいたします。

 

【吹奏楽部】久しぶりのステージ

リハーサルを終えて、集合写真撮影

4月15日(木)、鳴門市ウチノ海総合公園で開催された“オリンピック聖火リレー セレブレーション”のステージに出演しました。
コロナ禍で、吹奏楽コンクールや演奏会等が中止になり,部員全員が集まって演奏する機会が殆ど無い一年でした。
当日は,久しぶりのステージだったこともあり緊張しっぱなしでしたが,少しでも聞いてくれている人に感動してもらえるように,力一杯演奏しました。
これからは,新入生を迎えての活動になります。
感謝の気持ちを忘れず,活動を続けていきたいと思っています。
これからも応援,よろしくお願いいたします。

 

吹奏楽部です。

吹奏楽部は, 4月15日に鳴門市ウチノ海総合公園で開催されるオリンピック聖火リレーセレブレーションのコカ・コーラステージ出演を控え, 日々練習に励んでいます。
当日は緊張感を保ちながらもオリンピックの持つ雰囲気を楽しんで演奏出来たらいいなと思っています。