活動紹介

陸上競技部の活動

県国体最終選考会の結果(陸上競技部)

 8月21日(日)に鳴門大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで2022年栃木国体 徳島県代表選手最終選考会(兼U18日本選手権 標準記録突破挑戦会)が行われました。インターハイ後の競技会で調整期間も短かったですが、出場した選手は自己記録の更新を目指しました。当日は午後から夜にかけての競技日程で、本来は記録の狙いやすい状況ですが、午前中に降った雨の影響により、蒸し暑いコンディションでの競技会となりました。また、風が不安定な状況で、トラック種目については少し難しい状況でした。本校選手は17名が出場し、自己記録を更新した選手も複数いましたが、コンデション調整がうまくいかない選手が多かったです。本日のような湿度の高い環境では、パフォーマンスを高めることは難しいです。しかし、梅雨時期や天候が急転する競技会など、難しいコンディションでの競技会も年間数回はあります。それらの状況の中でいかに効率よくウォーミングアップを行ったり、コンディションを調整していくのかが記録や結果に反映されます。柔軟に対応する能力を高め、秋のシーズンにいかしてほしいと思います。

 今競技会も多くの方々よりご声援をいただきました。部員・監督一同、心よりお礼申し上げます。本校からも数名の選手が栃木国体に出場予定です。引き続き応援いただきますようお願い申し上げます。なお、今競技会での本校部員の結果は以下の通りです。

 

男子
走幅跳   第5位  村田 康成(2)    6m37/+0.9
走幅跳   第7位  萩野 智洋(1)    6m32/+2.1

 

女子

100m  第5位  長町 碧泉(1)    12.64/-0.4
                第6位  古林 凛里(2)    12.94/-0.0
300m  第3位  長町 碧泉(1)    41.34

300mH     第1位  花木 香凜(3)    46.32
走幅跳      第6位  濵田 星(1)    5m13/+0.7
三段跳      第1位  髙内 結菜(2)   11m55/+0.3

                 第2位  泉 彩花(1)    10m76/-0.6

 

インターハイの結果(陸上競技部)

 8月3日(水)から7日(日)の5日間、鳴門大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで第75回全国高等学校陸上競技対校選手権大会が行われました。通称『インターハイ』と呼ばれ、高校生にとっての夢舞台が鳴門市で開催されました。インターハイ期間中は大きな天候の崩れもなく、連日全国トップレベルの素晴らしいパフォーマンスを見ることができました。本校からも14名が参加し、全国の舞台で精一杯競技することができました。
 大会1日目は、女子400mで1年生の長町 碧泉さんが自己記録を更新して準決勝に進出しました。準決勝での自己記録更新はなりませんでしたが、1年生で準決勝進出は素晴らしいものです。また1500mで2年生の竜田 そらさんも自己記録を更新するとともに、他の選手からの進路妨害が認められ、救済により翌日の決勝に進むことができました。翌日の決勝は17位でしたが、積極的なレースで健闘しました。そして大会4日目、女子走高跳では3年生の佐藤 安里紗さんが予選を通過し、その日の午後に行われた決勝において自己記録を更新する1m70を跳び、見事8位入賞を果たしました。1m67と1m70の高さは3回目での成功で、地元開催の大会で勝負強さを発揮しました。大会5日目の最終日には女子三段跳に2年生の髙内 結菜さんが出場しました。入賞には届きませんでしたが、13位と頑張りました。今大会では、本校選手の多くが自己記録を更新することができ、素晴らしい成果を残すことができました。大会期間中は、保護者やOB・OGの方々、関係者の方々より温かいご声援をいただき誠にありがとうございました。また、会場では徳島県選手に対して多くの方々より拍手等の応援をいただきました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。
 このインターハイ開催に向けて、多くの方々が運営に関わり、長期間準備を進めてきました。また、大会期間中は競技役員だけでなく、多くの高校生補助員やボランティアの方々のご協力をいただき、インターハイという大会の素晴らしさを体感することができました。本校部員も事前準備をはじめ、試合当日の補助員や大会後の片付けなど、本当によく頑張ってくれました。この国内最大級のスポーツイベントに関われたことに感謝するとともに、この経験をこれからの競技人生や社会活動にいかし、部員・監督ともに成長できるように頑張ります。運営に関わっていただいたすべての方々に深く感謝申し上げます。なお、インターハイでの本校部員の競技結果については以下の通りです。

 

男子
3000mSC   予選3組 14位     西田 龍希亜(2)     10:09.79
走高跳   予選2組      松長 光祐(3)      記録なし

 

女子
400m     予選3組 4位  長町 碧泉(1)   57.07 準決勝進出

      準決勝3組 8位    長町 碧泉(1)   59.58
800m     予選6組 5位  竜田 そら(2)   2:13.32
1500m   予選4組 5位  竜田 そら(2)   4:28.15 救済により決勝へ

                   決勝 17位           竜田 そら(2)   4:31.75
400mH  予選4組 5位     花木 香凜(3)   1:04.91
4×100mR   予選7組    鳴門高      途中棄権
      花木 香凜(3)   福島 千尋(3)
      千代田 一咲(3)  古林 凛里(2)
4×400mR   予選7組 5位        鳴門高                 3:57.16
      長町 碧泉(1)   福島 千尋(3)
      古林 凛里(2)   花木 香凜(3)
走高跳   予選2組 6位  佐藤 安里紗(3)  1m65 決勝進出
      予選2組 13位     泉 彩花(1)    1m65

                   決勝8位           佐藤 安里紗(3)  1m70
走幅跳   予選1組      髙内 結菜(2)   欠場
三段跳   決勝 13位   髙内 結菜(2)   11m95/+2.1


女子走高跳 表彰式

佐藤 安里紗さん 8位入賞

おめでとうございます!!

表彰式後の記念撮影

 

5日間よく頑張りました。来年のインターハイは北海道です。今年以上の選手が全国の舞台に立ち、全国入賞目指して頑張ってください!!

第2回強化記録会の結果(陸上競技部)

 7月18日(月・祝)に鳴門大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで第2回徳島県強化記録会が行われました。インターハイ前の最後の競技会ということもあり、本校選手も練習量を調整して競技会に臨みました。当日は南の風となり、短距離種目は向かい風の影響で記録は良くありませんでしたが、コンディション的には上向きの選手が多かったです。また、向かい風の中でも自己記録を更新した選手も多く、チームとして良い流れでインターハイに臨めそうです。
 インターハイは8月3日から7日までの5日間、ポカリスエットスタジアムで開催されます。出場する選手全員が全国の舞台で自己記録の更新を目指し、一つでも上のラウンドに進出できるよう精一杯頑張ります。
 今競技会も多くの方々よりご声援をいただきました。また、インターハイに向けての激励のお言葉もいただき、誠にありがとうございました。出場者全員が応援していただいている方々への感謝の気持ちを忘れず、感動していただけるような試合をしてきます。インターハイでも引き続き応援いただきますようお願い申し上げます。なお、今競技会での本校部員の結果は以下の通りです。

 

男子

100m  第8位  笹山 煌紀(1)   11.22/-0.6
走高跳   第2位  松長 光祐(3)   1m86
棒高跳   第2位  村山 昊生(1)   3m80
走幅跳   第7位  萩野 智洋(1)   5m90/+1.5
三段跳   第7位  萩野 智洋(1)   12m44/+1.2

女子

100m  第3位  長町 碧泉(1)   12.72/-1.4
                第5位  古林 凛里(2)   12.85/-1.4
                第8位  岡田 穂乃加(2)  13.08/-1.4
200m  第2位  古林 凛里(2)   26.51/-1.6
                第3位  岡田 穂乃加(2)  26.62/-1.6
                第5位  井上 琉花(1)   27.52/-1.6
300m  第2位  長町 碧泉(1)   42.14
400mH  第1位  花木 香凜(3)   1:06.68
4×100mR 第1位  鳴門高   48.69
                                 花木 香凜(3)   福島 千尋(3)
          千代田 一咲(3)  古林 凛里(2)
走高跳      第1位  佐藤 安里紗(3)  1m64
走幅跳      第5位  濵田 星(1)    4m90/+3.4
三段跳      第1位  髙内 結菜(2)   12m24/+2.4

四国総体の結果(陸上競技部)

 6月18日(土)から20日(月)の3日間、鳴門大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで第75回四国高等学校陸上競技対校選手権大会が行われました。今年度は香川県開催の年回りでしたが、インターハイが鳴門で開催されることから今年度は徳島県開催となりました。本校選手も普段練習を行っている競技場での大会ということもあり、落ち着いて試合に臨むことができました。本校からは31名が参加し、自己記録の更新とインターハイ出場を目指して精一杯取り組みました。結果は男子2種目、女子10種目でインターハイの出場権を獲得することができました。この数は近年で最も多く、地元インターハイに向けてチーム強化が実を結んだ形となりました。また、個人では女子走高跳で佐藤 安里紗さんが自己記録を更新しての優勝、チームとしては女子がトラックとフィールドの部ともに3位、そして女子総合でも2位と素晴らしい活躍でした。

 今大会は、インターハイのプレ大会ということもあり、競技進行や表彰については全国大会に準じた運営で行い、多くの競技役員の方にご参加いただきました。また、四国総体に出場していない徳島県選手も多数補助員として参加し、大会運営を全力でサポートしてくれました。本校部員も30名ほどが補助員業務で頑張ってくれました。コロナ禍で大会が開催されることに、また多くの方々のご支援やご協力によりチームの活動が継続できていることに感謝し、今後の部活動の取り組みも充実させていきます。運営に関わっていただいたすべての方々、誠にありがとうございました。
 四国総体が地元の鳴門開催ということもあり、OB・OG・保護者の方々をはじめ、多くの関係者の方々より励ましのお言葉をいただきました。また、多大なるご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。多くの方々のご声援のおかげで選手たちは最後まで精一杯競技することができました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。インターハイは8月3日から5日間行われます。出場する本校部員が全国の舞台でもさらに飛躍するよう頑張りますので、これからもご声援いただきますようお願い申し上げます。なお、四国総体の本校部員の競技結果については以下の通りです。

 

男子
3000mSC   第3位     西田 龍希亜(2)     9:36.43
走高跳   第4位  松長 光祐(3)  1m89

 

女子
400m     第3位  長町 碧泉(1)  58.98
800m     第5位  竜田 そら(2)  2:16.98
1500m   第5位  竜田 そら(2)  4:35.69
400mH  第5位  花木 香凜(3)  1:07.08
4×100mR   第3位  鳴門高  47.95
      花木 香凜(3)   福島 千尋(3)
      千代田 一咲(3)  古林 凛里(2)
4×400mR   第2位  鳴門高  3:57.67
      長町 碧泉(1)   岡田 穂乃加(2)
      古林 凛里(2)   花木 香凜(3)
走高跳   第1位  佐藤 安里紗(3) 1m68
      第3位  泉 彩花(1)   1m59
走幅跳   第4位  髙内 結菜(2)  5m73/+4.4
三段跳   第2位  髙内 結菜(2)  11m70/+2.1
女子総合    第2位  57点
女子トラック  第3位  31点
女子フィールド 第3位  26点

開会式では、本校の福島 千尋さんが選手宣誓をさせていただきました。本県の代表として素晴らしい宣誓をしてくれました。

 

女子トラック表彰

 

女子フィールド表彰

 

女子総合表彰

 

3日間を通して多くの種目で活躍することができました。とくに女子チームは総合第2位と大躍進です。またインターハイにも男女合わせて12種目で出場することができます。そして大会期間中は多くの方々がスタジアムで応援していただき、本校選手にとって大きな力となりました。部員・監督一同、心よりお礼申し上げます。

県総体の結果(陸上競技部)

 6月5日(日)から7日(火)の3日間、鳴門大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで第62回徳島県高等学校総合体育大会が行われました。大会期間中は天候に恵まれ、全般的に好記録も出ていました。本校からは47名が参加し、総合優勝と四国総体出場を目指して精一杯取り組みました。結果は多くの種目で優勝や入賞をすることができ、男女ともに3年連続(2020年度は未実施のため3回連続)で優勝し、目標としていた男女アベック優勝を達成することができました。また女子三段跳では、髙内 結菜さんが大会新記録を樹立して優勝しました。

 今年度も新型コロナウイルスの影響により、県下全域で部活動の活動時間が制限され、思うような練習ができない状況が続きました。複数種目に出場する本校選手にとっては、非常に厳しい練習条件ではありましたが、限られた条件の中で努力を継続し、最高のパフォーマンスを発揮することができました。男子総合は2位チームと僅差での争いでしたが、3日間を通して流れを切らさず、粘り強く戦いました。女子総合は、2位チームに100点差以上をつけ、トラックとフィールドの部も制しての完全優勝を達成しました。そして、多くの選手が四国総体出場権を獲得しました。

 今大会では、総合優勝や四国総体出場という目標だけでなく、チーム力を高められるよう取り組みました。本校は短距離、中長男子や中長女子とブロックに分かれて練習を行いますが、県総体や新人大会、駅伝大会などの学校対抗戦ではチーム全員がまとまって大会に臨みます。県総体においてもそれぞれのブロックや学年がしっかりと連携し、チームの流れを大切にして行動してきました。個人としても、またチームとしても大きく成長できた3日間であったと思います。この伝統は先輩たちから受け継いできたものであり、今後もチームがさらに成長できるように取り組んでいきます。

 県総体出場に際して、卒業生や保護者の方々、関係者の方々より多大なるご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。試合当日も卒業生たちが応援に参加していただき、部員にとって本当に励みになりました。応援していただいた全ての方々へ部員・監督一同、心からお礼申し上げます。四国総体でも精一杯頑張りますので、引き続き応援していただきますようお願い申し上げます。なお、県総体の本校部員の競技結果については以下の通りです。

 

男子

400m          第3位  宮本 淳平(3)   49.37

800m     第6位  林 優成(3)    2:03.03
1500m        第2位  森 丈二(3)    4:07.27
         第3位  矢上 嵩護(3)   4:09.27
         第8位  林 優成(3)    4:15.67
5000m      第2位  森 丈二(3)    15:38.66
         第3位  矢上 嵩護(3)   15:42.17
110mH        第7位  萩野 智洋(1)   18.22/-2.3
3000mSC   第2位     西田 龍希亜(2)     9:44.21
      第8位     白菊 力也(2)     10:34.43
5000mW  第8位   喜多 海(3)      32:23.42
4×100mR   第3位  鳴門高  42.52

      日浦 庵(2)   横畑 輝瑠(3)

      石川 泰山(3)  宮本 淳平(3)
4×400mR   第6位  鳴門高  3:30.65
      石川 泰山(3)  岸本 拓夢(2)
      渡辺 翔太(2)  森 丈二(3)
走高跳   第1位  松長 光祐(3)  1m81
      第8位  漆原 琉瑛(2)  1m60
棒高跳   第3位  村山 昊生(1)  3m80
      第5位  漆原 琉瑛(2)  3m20
走幅跳   第2位  村田 康成(2)  6m80/+1.2
      第7位  萩野 智洋(1)  6m11/+2.2
三段跳   第8位  萩野 智洋(1)  12m24/-1.1
砲丸投   第8位  笹山 煌紀(1)  8m71
円盤投   第7位  村山 昊生(1)  18m09
ハンマー投 第4位  笹山 煌紀(1)  16m41
      第7位  多賀原 慎(1)  13m65
      第8位  山田 魁人(1)  12m75
八種競技  第7位  山田 魁人(1)  2930点
男子総合    優勝  97.5点
男子トラック  優勝  56点
男子フィールド 第3位   39.5点

 

女子

100m     第4位  福島 千尋(3)  12.54/+3.1
      第5位  古林 凛里(2)  12.59/+3.1
      第8位  千代田 一咲(3) 12.80/+3.1
200m     第3位  古林 凛里(2)  26.00/+2.1
      第4位  福島 千尋(3)  26.16/+2.1
      第6位  千代田 一咲(3) 26.36/+2.1
400m     第6位  長町 碧泉(1)  1:01.49
800m     第1位  竜田 そら(2)  2:17.83
      第7位  吉岡 小都里(3) 2:26.17
1500m   第2位  竜田 そら(2)  4:37.65
      第4位  松谷 里緒(2)  4:38.32
3000m   第4位  松谷 里緒(2)  10:26.63
      第7位  吉岡 小都里(3) 10:55.74
100mH  第2位  花木 香凜(3)  15.19/-0.9
      第7位  髙内 結菜(2)  16.35/-0.9
400mH  第1位  花木 香凜(3)  1:05.44
4×100mR   第2位  鳴門高  48.46
      花木 香凜(3)   福島 千尋(3)
      千代田 一咲(3)  古林 凛里(2)
4×400mR   第1位  鳴門高  4:00.36
      長町 碧泉(1)   福島 千尋(3)
      古林 凛里(2)   花木 香凜(3)
走高跳   第1位  泉 彩花(1)   1m59
      第2位  佐藤 安里紗(3) 1m56
      第6位  小川 穂奈実(3) 1m40
棒高跳   第1位  樫本 梨花(3)  2m50
      第3位  小川 穂奈実(3) 1m60
走幅跳   第3位  髙内 結菜(2)  5m41/+3.4
      第7位  濵田 星(1)   5m03/+2.1
三段跳   第1位  髙内 結菜(2)  11m98/ 0.0 大会新記録
      第3位  佐藤 安里紗(3) 10m50/+0.1
砲丸投   第6位  森 ゆう(3)   6m16
      第7位  佐藤 安里紗(3) 6m14
円盤投   第7位  樫本 梨花(3)  11m51
      第8位  岡田 穂乃加(2) 11m22
ハンマー投 第4位  森 ゆう(3)   15m82
      第6位  岡田 穂乃加(2) 12m09
      第7位  長町 碧泉(1)  11m07
七種競技  第2位  泉 彩花(1)   3158点
      第4位  井上 琉花(1)  2372点
女子総合    優勝    172点
女子トラック  優勝  88点
女子フィールド 優勝  72点

男子トラック表彰

 

男子フィールド表彰

 

男子総合表彰

 

女子フィールド表彰

 

女子総合表彰

 

男子総合優勝おめでとうございます!!

粘り強く最後までよく頑張りました。

 

女子総合優勝おめでとうございます!!

トラック・フィールド優勝も達成し、素晴らしい活躍でした。

 

目標としていた男女総合アベック優勝を達成することができました。選手の努力も素晴らしいものでしたが、先輩たちが築いてくれた伝統、多くの方々のご支援により最後まで頑張ることができました。これからも感謝の気持ちを持ち、多くの方々に応援していただけるようなチームとなるよう頑張っていきます。支えていただいた方々、誠にありがとうございました。