活動紹介

女子バドミントン部の活動

県高校バドミントンシングルス大会の結果

8/18(木)とくぎんトモニアリーナ,8/19(金)アミノバリューホールの2日間,県高校バドミントンシングルス大会が開催されました。結果は,以下の通りです。

◎個人戦(シングルス)

  女子 ベスト16進出  松田

  男子 ベスト32進出  出口,山根

 出場した男女計19名,すべての選手が日々の練習の成果を発揮してくれました。秋の新人大会に向けて,さらに練習に励みたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします。

第70回四国高等学校バドミントン選手権大会に出場しました

6月17日(金)、18日(土)に高知県立青少年センターで開催された、第70回四国高等学校バドミントン選手権大会に参加して来ました。

高松西高校に0-3で初戦敗退という結果でしたが、3年生一丸となって全力を出し切り、楽しむことができた試合となりました。

 

これからは、それぞれの進路に向かって全力で頑張っていってほしいと思います。

関係の方々には大変お世話になりました。応援ありがとうございます。

これから新チームとして活動していきますが、今後ともご声援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

令和4年度 徳島県総合体育大会バドミントン競技について

女子バドミントン部は、とくしまトモニアリーナ、吉野川プラザで開催された5月28日(土)、6月4日、5日、6日の徳島県総合体育大会に出場しました。

 

結果は、団体では第3位という結果を残すことができ、四国選手権大会出場も決めることとなりました。ダブルス、シングルスもそれぞれの力を出し切り、3年にとっては最後の試合にふさわしい試合をすることができていました。

目標としていたインターハイ出場は叶いませんでしたが、どの選手もこれまでの練習の成果を十分に発揮できたいたように思います。

 

応援ありがとうございました。

令和3年度徳島県新人バドミントン大会の結果

10月30(土)・31日(日)・11月3日(水)の3日間、吉野川プラザにて開催された、徳島県新人バドミントン大会に参加しました。

 

結果は、団体戦では準優勝という素晴らしい成績を残すことができました。

これは団体戦メンバーだけでなく、普段から練習をともにし、一緒に頑張ってきたチームメイトがいたからの結果だと思います。

 

また個人戦では、ダブルスで仁尾・谷口ペアが第3位という快挙を成し遂げました。

シングルスでも、仁尾、三浦がベスト8、山脇がベスト16という結果になりました。

 

今大会は、夏休みの厳しい練習、日々の練習の積み重ねが力となってあらわれたように思います。

応援ありがとうございました。

 

女子バドミントン部は、年末に高知で行われる強化大会にも参加します。四国の強豪校と試合をすることができるとても良い機会なので精いっぱいがんばってきます。

今後ともご協力、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

令和3年度徳島県高等学校バドミントンシングルス大会に参加してきました

8月18日(水)、19日(木)の二日間、アミノバリューホールで開催された令和3年度徳島県高等学校バドミントンシングルス大会に参加しました。今回の試合が初出場となる選手もおり、それぞれが目標に向かい頑張りました。

結果は、谷口 ベスト8、三浦・山脇 ベスト16でした。また、今回ベスト16入りとはならなかったものの、全員の選手がこの夏の厳しい練習の成果を発揮できていたように思います。どの試合も本当に胸が熱くなるようなものばかりでした。

9月に開催予定であった大会はコロナウイルスの影響もあり、中止になってしまいましたが、10月の新人戦に向けて精一杯がんばっていきますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

第69回四国高等学校バドミントン選手権大会に参加しました

6月19日(土)に、とくぎんトモニアリーナで開催された第69回四国高等学校バドミントン選手権大会の女子団体に参加しました。

結果は土佐女子中学高等学校に0-3で一回戦敗退となってしまいましたが、県外のトップレベルの選手と戦うという生徒にとって、とても貴重な体験をすることができたと思います。応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

今後は、8月に開催される個人のシングルス大会にむけて、新チームで精一杯がんばっていきますので引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 

徳島県高校総合体育大会バドミントン競技について(女子バドミントン部)

6月4日から6月7日にかけて吉野川プラザで行われた徳島県総合体育大会バドミントン競技に参加しました。

団体戦では、目標であった決勝進出は惜しくも果たすことはできませんでしたが第3位という結果を残し、四国総体への出場を決めました。

個人戦では、ダブルスは本地・友川ペア、森本・谷口ペア、仁尾・齋藤ペアの計3ペアがベスト16、シングルスでは仁尾、山脇がベスト16という結果でした。どの選手も粘り強く、手に汗握る熱戦ばかりでした。

今大会で引退する3年生には、夢に向かい精一杯がんばってほしいと思います。

今後は19日に開催される四国総体をはじめ、それぞれの目標にむかい精一杯がんばっていきますので、ご声援のほどよろしく願いいたします。

 

 

令和3年度 バドミントン部の活動紹介

現在,バドミントン部は

 男子10名(3年生8名,2年生2名),女子13名(3年生3名、2年生10名)の部員が,日々の練習に,厳しくそして楽しく取り組んでいます。今年度の目標は,四国大会出場そして県の頂点です。今後のバドミントン部の活動内容と戦績をこのホームページに掲載していきます。関係の皆様,どうぞ応援よろしくお願いします。

 バドミントン部では,新入部員を募集しています。経験者・初心者,男子・女子に関わらず大歓迎です。みなさん,鳴門高校で一緒にバドミントンを楽しみましょう!