校長室だより

校長室だより 2021/4/1~

令和4年度2学期の始まりによせて(校長室便り)

 本日、令和4年度の2学期が始まりました。

 始業式はZoomを使ったリモート形式で行いました。

 式辞として、まず、今年の夏の鳴高生の活躍(春夏連続甲子園出場、四国インターハイ総合開会式でのパフォーマンス、インターハイでの全国入賞)について振り返り、学校全体を勇気づけてくれたことへの感謝を述べさせていただきました。引き続き、「ガクチカ」(学生時代に力を入れたこと)というキーワードを挙げ、「現高3生はコロナ禍で入学当初から対面授業がなく、友達づくりにも苦労した世代だが、『あり得ない』現実に直面して、これからの自分について考え直してみた人も多いはず。勉強や部活動が思うようにできない時期があったからこそ、それが出来るようになった時の喜びは本当に大きかったと思う。要は、自分の頭で考えること。逆境でしっかり考えて、出来ることを精一杯やることの大切さを、コロナ禍を生きてきた皆さんはよくわかっているはずです」といった話をしました。

 感染拡大はまだ続いています。2学期も対策をしながらの日々となりますが、毎日毎日、「出来ること」を精一杯積み上げていきましょう。鳴高生のますますの活躍を、心から期待いたします!

令和4年度1学期の終了によせて(校長室便り)

 7月20日、令和4年度の1学期が終了しました。

 新型コロナウイルス感染拡大が再び大きくなる中、終業式はリモート形式で行いました。

 式辞としましては、第26回参院選での徳島県内の投票率を話題とし、「皆さんの中にも、すでに有権者である人もいるし、今後は全員が有権者になっていく。自分は、暮らしをよくしていくために、大切な権利を持つ人間なんだという意識のもとに、今後の選挙やその報道に関心を持つことから、ぜひ1歩を進めてもらいたい」といった話をしました。

 この夏は、地元でのインターハイ開催ということで、本校からも多くの生徒が選手として、またサポート係として参加することになっています。高校生として、こうした機会を持つことは一生に1遍のことです。この機会を存分に楽しんで、記憶に残る夏にしてもらいたいと願います。

令和4年度1学期の始まりによせて(校長室便り)

 本日、令和4年度の1学期が始まりました。

 始業式はZoomを使ったリモート形式で行いました。

 始業式の式辞では、民法の改正によってこの4月1日から成人年齢の引き下げが行われたことを題材とし、「成人になることで保護者の同意なしに出来ることも増えるが、行動には責任が伴う。今まで以上に自分でよく考えるという習慣をつけてほしい」「この機会に社会の仕組みについて学び、今の社会をより良くするために自分が出来ることについても考えはじめてほしい」という話をしました。

 新たな節目に自分を見つめ直し、よい1年にしていきましょう。鳴高生の今後に大いに期待します!

 

令和3年度卒業証書授与式によせて

 令和4年3月1日(火)、空は曇り空でしたが、澄んだ空気の中、本校第73回卒業証書授与式が厳粛におこなわれました。

 校長からは卒業生に、北京オリンピックでのカーリング女子チームの活躍を例として、「苦しい舞台で苦しそうな顔をするのは、誰にでもできるが、その中で楽しむのは覚悟がいる。本当に苦しい時こそ、覚悟を持って笑顔で、難局を乗り切ってほしい。学習に、部活動に、覚悟を持って取り組んできた鳴門高校生なら出来るはず」といった激励をさせていただきました。

 コロナ禍の影響をまともに受けて、多くの制限がある高校生活を送ることになった卒業生ですが、決して輝きを失うことなく、それぞれに精一杯頑張ってくれました。その姿に大いなる敬意を払うとともに、これからの未来に幸せが満ち満ちることを、心から願います。

 卒業おめでとう!

 

 

令和3年度2学期終了によせて(校長室便り)

 令和3年度の2学期が終了しました。

 終業式は、感染防止対策のため、リモート配信により、生徒の皆さんに式辞をお話ししました。

 式辞では、ここ2年ほどのコロナ禍により政治が自らの生活に関わる影響を強く自覚したはずの生徒たちに対し、自分自身で考えて、自分の「夢をカタチに」していくこと、また視野を広げて、自分が住む社会を良くしていくことについても、時間を割いて考えてほしい、とお話しました。

 鳴門高校では、「総合的な探究の時間」に地元鳴門を知る取組として、「撫養街道ウォーク」等のフィールドワークに出かけたり、多くの方々にお話を聞いたり、調べ学習を行ったりしています。こうした活動を通じて、地元を、地域をもっと住みやすい「まち」にするために、自分たちが何が出来るか、ぜひ前向きに考えてもらいたいと願っています。

 

令和3年度2学期の始まりによせて(校長室便り)

 本日、令和3年度の2学期が始まりました。

 リモートで配信された始業式では、8月24日に行われた東京パラリンピック開会式を題材に、次のように、「不安や困難を乗り越えることの意味」についてお話ししました。

 「開会式では、会場を空港に見立て、車イスに乗った13歳の少女が、『片翼の小さな飛行機』として、さまざまな出会い・経験から勇気をもらって大空に飛び立つというストーリーのもと、『不安な気持ちや困難を乗り越えようとするメッセージ』を力強く伝えて、国内外から多くの賞賛が寄せられています。

 私たちは誰でも、不安な気持ちを抱える時があります。また、困難がひとつもない人生など、存在しないと思います。でもそうしたことをどう乗り越えるか、どう考えていくかに、生きることの意味があるのだと思います。

 鳴門高校の生徒の皆さんには、自分の抱える不安や困難を、助けを借りながらでも乗り越える、またそうした友達の助けになる、ということを心がけながら、毎日を精一杯に生きてほしいと願います。」

 鳴高生にとって、この2学期が充実した期間となるよう、心から祈ります。

 

令和3年度1学期終了によせて(校長室便り)

 令和3年度の1学期が終了しました。

 終業式は、感染防止対策のため、リモート配信により、生徒の皆さんに式辞をお話ししました。

 式辞では、23日に開会式を迎える「東京オリンピック・パラリンピック」に関連して、本校卒業生のオリンピアンの方々をご紹介し、「先輩方が活躍されたことを励みとして、自分自身が得意なこと、一生懸命やり続けてきたことで、自己実現を果たしてほしい」とお願いをしました。

 コロナ禍ではありますが、この後のインターハイにも多くの生徒たちが参加の予定です。また、文化部活動においても、観客の制限はありますが、演劇部・阿波踊り部等が発表の機会を得ています。

 鳴門高校生には、自分自身が輝く場で、存分に力を発揮してもらいたいと、心から願います。

令和3年度第1学期始まりによせて(校長室便り)

 本日、令和3年度の1学期が始まりました。

 感染症防止対策として、始業式はZOOMを使い、生徒の皆さんには教室で映像を視聴してもらう、リモート形式で行いました。

 始業式の式辞におきましては、「自分の目の前にある多くの選択肢の中で、自分に合った活動を選び、全力を尽くし、将来の進路選択に大いに生かしてもらいたい」また、すでにいろいろな学びや部活動に取り組んでいる皆さんに、「今取り組んでいることを、さらに深く掘り下げて、中身の濃いものにしてもらいたい」そして「『可能性』という名の多くの選択肢に向かい、自分自身の成長のために、貪欲に取り組んでもらいたい」と、話をさせていただきました。

 また、「『とくしまアラート』が発動された中、より一層の緊張感を持って、感染症対策をさらに続けてもらいたい」と、改めてお願いしました。

 これから始まる令和3年度が、生徒の皆さんにとって、実り多いものとなりますように!