校長挨拶

 校長の 横田 恵理子 と申します。

 本校は、明治42年に開校し、今年で創立113周年を迎える県内でも有数の歴史と伝統を誇る高等学校です。ここで学び、巣立っていった卒業生は、3万1千名を越え、県内はもとより、国内外で多くの方々が活躍されています。


 さて、昨年度は、硬式野球部が選抜高校野球大会への出場を果たし、甲子園では強豪校相手に粘り強い戦いを見せることができました。また陸上競技部は県総合体育大会での男女アベック優勝を成し遂げています。その他にも多くの運動部、文化部が大きな成果を挙げており、高い評価を受けております。


 さらに、本校では昨年度から「コミュ二ティ・スクール」制度を導入し、学校外の方々からの御意見を学校運営に取り入れ、より良い学校づくりを目指しています。総合的な探究の時間で行う「鳴門を知る」学び、地域人材を活用した「コミュニティ・スクール連携事業」、平成31年に連携協定を締結した鳴門教育大学との各種の取組等、「地域と共に学び、進む」鳴門高校ならではの魅力ある教育活動を、本年度も展開していきたいと考えております。

 鳴門高校が地域にとって愛され、地域に必要とされる学校となるため、全教職員一丸となって、教育活動を展開してまいりますので、何とぞ、変わらぬ御理解と御支援・御協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

令和4年4月1日   

徳島県立鳴門高等学校

 校長  横田 恵理子