〒772-0002 徳島県鳴門市撫養町斎田字岩崎135-1 TEL(全日制)088-685-3217 (定時制)088-685-3219
 

お知らせ

陸上競技部です。
 

活動報告

陸上部
1234
2020/10/26

全国高校大会の結果(陸上競技部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動顧問
 10月23日(金)から25日(日)までの3日間、広島県のエディオンスタジアムで全国高等学校陸上競技大会2020が行われました。今大会は8月に中止となったインターハイの代替大会として、従来行われていたU20・U18日本陸上競技選手権大会に組み込まれるような形で実施されました。また、出場資格は標準記録を突破し、持ち記録の上位者40名(トラック種目)までしか出場することのできないハイレベルな大会でもあります。本校からは、男子200mと400mに3年生の渡辺 勇輝くがエントリーしましたが、ケガの影響で思うような走りができず、予選敗退で悔しい結果となりました。渡辺くんは、昨年は200mで、今年は400mで徳島県高校記録を塗り替え、この全国大会も2年連続の入賞を目指して取り組んできました。今大会では残念な結果となりましたが、大学進学後も更に飛躍できるよう頑張ってほしいです。そして、今大会出場に際して多くの方々より励ましのお言葉をいただき、ありがとうございました。また、試合当日も応援していただいた徳島県関係者の方々、誠にありがとうございました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。なお、本校部員の試合結果については以下の通りです。


男子400m     渡辺 勇輝 
 予選:3組7着 51.40








試合会場のエディオンスタジアムです。
運営役員や補助員の方々、お世話になりました。

06:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/10/20

四国高校新人大会の結果(陸上競技部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動顧問
 10月17日(土)と18日(日)の2日間、愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム)で第22回四国高等学校新人陸上競技選手権大会が行われました。本校からは21名がエントリーし、自己記録の更新と上位入賞目指して取り組みました。大会初日は、終日雨が降り続き、低い気温での試合となりました。女子の棒高跳も雨天の影響で翌日に延期されるなど、選手にとっては非常に厳しいコンディションとなりました。しかし、2日目は前日の天気とは一変し、爽やかな秋晴れとなり全般的に好記録が出ていました。そのような状況の中、女子走高跳で佐藤 安里紗さんが、また女子4×100mRでは、花木 香凜さん、裏巽 あや さん、千代田 一咲さん、福島 千尋さんのオーダーで優勝し、本校部員は9種目で入賞することができました。走高跳の佐藤は、1m60を唯一クリアして見事1年生チャンピオンとなりました。女子4×100mRは、昨年の四国総体で8位とインターハイ出場を逃し、悔しい思いをしてきましたが、今大会では4名全員がしっかりと走ることができ、本校陸上競技部 女子リレーチームにとっては11年ぶりの四国優勝となりました。
 今大会は、天候が大きく変更したり、リレー種目がタイムレース決勝になるなど、対応力が試される大会となりました。本校陸上競技部も今シーズン初めての県外遠征となり、県外試合で結果を出す難しさやピーキングの重要性について痛感したことと思います。これらの経験を次に繋げられるよう、今後の練習や競技会等で個人、チームの取り組み方を向上していくよう頑張ります。
 来年の四国総体は、今大会の会場である愛媛県で開催されます。新型コロナウイルス感染症の影響で次年度のインターハイ開催も懸念されますが、大会開催を信じ、また本校部員が多数出場できるよう精一杯取り組んでいきますので、今後とも応援のほど宜しくお願い致します。そして、今大会も遠方にもかかわらず、そしてコロナ禍の状況の中、愛媛県まで応援に来ていただいた保護者や関係者の方々、誠にありがとうございました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。なお、本校陸上競技部の試合結果については以下の通りです。

男子400m  第5位 宮本 淳平     51.40
男子4×100mR 第4位 鳴門高校   42.64
  (石飛 李空、横畑 輝瑠、楠 瑞喜、宮本 淳平)
男子4×400mR 第5位 鳴門高校   3:24.99
  (楠 瑞喜、宮崎 泰希、玉有 祐太、宮本 淳平)
女子100m  第4位 裏巽 あや  12.48
女子200m  第5位 裏巽 あや  25.59
女子4×100mR 第1位 鳴門高校   48.88
  (花木 香凜、裏巽 あや、千代田 一咲、福島 千尋)
女子走高跳  第1位 佐藤 安里紗   1m60
       第3位 小川 梨衣菜   1m57
女子棒高跳  第8位 谷 陽夏     2m40


大会1日目(17日)

























女子4×100mR 花木 香凜さん、裏巽 あや さん、
千代田 一咲さん、福島 千尋さん
優勝おめでとう!!

女子リレーチームは11年ぶりの四国優勝でした。



大会2日目(18日)





























女子走高跳 小川 梨衣菜さん(第3位)
佐藤 安里紗さん(第1位)
入賞・優勝おめでとう!!

今後の試合では自己記録の更新を目指しましょう!!




2日間を通してよく頑張りました!!
来年の四国総体に向けて、個人やチームの更なる飛躍を期待します。



試合会場の愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム)です。
3年前には愛媛国体が行われており、運営も素晴らしかったです。
雨天やコロナ対策等で競技運営が苦労したことと思います。
役員や審判員の方々、補助員の生徒の皆さん、大変お世話になりました。

06:35 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2020/10/02

第2回徳島県チャレンジ記録会の結果(陸上競技部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動顧問
 9月27日(日)に鳴門ポカリスエットスタジアムで第2回徳島県チャレンジ記録会が行われました。第1回と同様に参加資格記録を突破している競技者の出場となりますが、前回よりも実施種目数が増え、本校からは13名が出場しました。競技会当日は天候にも恵まれ、トラック競技も良い条件でのレースとなりました。1・2年生は県高校新人大会から短い期間での連戦となり、ベストパフォーマンスとまではいきませんでしたが、自己の課題を確認して競技会に臨みました。次回は、愛媛県で行われる四国高校新人大会に出場します。今シーズン初めての県外遠征となりますが、これまでの試合の経験を生かし、個人、チームともに記録の更新を目指して頑張ります。
 競技会当日、会場で応援していただいた保護者や関係者の方々、誠にありがとうございました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。なお、本校陸上競技部の試合結果については以下の通りです。

男子100m  第5位 横畑 輝瑠     11.13
男子200m  第7位 宮本 淳平     23.23
男子400m  第3位 宮崎 泰希  51.82
男子4×100mR 第2位 鳴門高校   42.98
    (石飛 李空、横畑 輝瑠、石川 泰山、宮本 淳平)

女子100m  第2位 裏巽 あや  12.38
        第5位 福島 千尋  12.73
女子200m  第2位 福島 千尋  26.09
        第5位 千代田 一咲 26.53
女子4×100mR 第1位 鳴門高校   49.21
    (花木 香凜、裏巽 あや、千代田 一咲、福島 千尋)
女子走高跳 第1位 小川 梨衣菜   1m59
      第2位 佐藤 安里紗   1m56






























20:46 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2020/09/25

県高校新人大会の結果(陸上競技部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動顧問
 9月20日(日)と21日(月)の2日間、鳴門ポカリスエットスタジアムで第50回徳島県高等学校新人陸上競技大会が行われました。今年は、県総体が中止(代替大会の実施)となり、この新人大会が今シーズン最初の学校対抗戦となりました。また、これまでの競技会は予選ラウンドがないタイムレース(1本のみのレース)がほとんどでしたが、今大会は予選・決勝を行う従来の試合形式となり、各トラック種目の決勝では、久しぶりに緊張感の漂う雰囲気での試合となりました。今大会の各種目上位4名は、10月中旬に愛媛県で開催される四国高校新人大会に出場できます。(※四国高校新人大会は、リレーを除く個人2種目まで出場可能で、辞退者が出れば5位以下からもエントリーが一部可能となっています。) 
 本校からは34名が出場しましたが、多くの選手が自己記録を更新しました。その結果、ともに総合優勝することができ、男子は3年連続女子は2年連続、そして2年連続での男女アベック優勝となりました。また、女子4×100mRでは、花木 香凜さん、裏巽 あやさん、千代田 一咲さん、福島 千尋さんのオーダーで頂点に立つことができ、入賞数も男女合わせて46という素晴らしい結果でした。
 今大会は、久しぶりの学校対抗戦であったため、多くの選手が緊張していました。また、ケガ等でコンディションが上がらない選手も複数おり、厳しい状況での戦いとなりました。しかし、選手たちは男女総合優勝を目指して精一杯取り組み、見事に目標を達成することができました。2日間を通して苦しい状況もありましたが、チームがまとまり、好成績を残すことができました。今大会を通して学んだことを今後に生かし、選手一人ひとりがさらに成長していけるよう頑張ります。
 大会期間中、会場まで応援に来ていただいた保護者や関係者の方々、誠にありがとうございました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。四国高校新人大会や県高校駅伝でも精一杯頑張りますので、引き続き応援していただきますようお願い申し上げます。なお、本校陸上競技部の試合結果については以下の通りです。

男子100m  第4位 横畑 輝瑠     11.35
                       第5位 楠 瑞喜         11.40
男子200m  第5位 宮本 淳平     23.14
男子400m  第2位 宮本 淳平     51.49
        第5位 宮崎 泰希  52.18
男子800m  第3位 森 丈二   1:58.20
        第5位 姫田 瑛斗  2:03.72
男子1500m   第2位 山本 和博  4:01.99
        第7位 村田 雄成  4:04.73
男子4×100mR 第3位 鳴門高校   42.74
    (石飛 李空、横畑 輝瑠、楠 瑞喜、宮本 淳平)
男子4×400mR 第3位 鳴門高校   3:26.31
    (楠 瑞喜、宮崎 泰希、石川 泰山、宮本 淳平)
男子走高跳   第4位 松長 光祐  1m73
        第8位 岡田 航暉  1m60
男子棒高跳   第2位 大屋敷 官世 2m10
        第3位 楠 瑞喜   1m90
男子三段跳   第7位 松長 光祐  10m96
男子砲丸投   第8位 大屋敷 官世 7m38
男子ハンマー投 第5位 玉有 祐太  9m26
男子やり投   第8位 岡田 航暉  24m60
男子八種競技  第2位 玉有 祐太  3572点
        第4位 岡田 航暉  3299点 
男子総合    優勝        97.5点
男子トラック  第2位         59点
男子フィールド 第4位      26.5点

女子100m  第3位 裏巽 あや  12.51
女子200m  第2位 裏巽 あや  25.90
        第3位 福島 千尋  26.30
        第6位 千代田 一咲 26.85
女子1500m     第8位 戎田 夏子  5:06.67
女子3000m     第5位 鳥羽 琴美  11:10.99
          第6位 島富 花怜  11:15.21 
女子100mH  第6位 花木 香凜  17.54
女子400mH  第7位 小川 梨衣菜 1:14.43
女子4×100mR 第1位 鳴門高校   49.27
    (花木 香凜、裏巽 あや、千代田 一咲、福島 千尋)
女子4×400mR 第2位 鳴門高校   4:08.97
    (福島 千尋、千代田 一咲、花木 香凜、裏巽 あや)
女子走高跳 第2位 小川 梨衣菜   1m56
      第3位 佐藤 安里紗   1m53
      第7位 谷 陽夏     1m35     
女子棒高跳 第2位 谷 陽夏     2m30
      第3位 小川 穂奈実   2m10
      第4位 樫本 梨花    1m90
女子走幅跳 第3位 裏巽 あや    5m29
女子砲丸投 第6位 森 ゆう     5m41
      第7位 樫本 梨花    5m15
女子円盤投 第5位 寺嶌 優     12m63
      第6位 谷 陽夏     10m06
      第7位 樫本 梨花    8m89
女子やり投 第6位 小川 梨衣菜   23m71
女子七種競技 第2位 小川 穂奈実  2363点
女子総合    優勝     112.5点
女子トラック  第3位        50点
女子フィールド 優勝       55.5点










































































































2年連続での男女総合アベック優勝、おめでとう!!


10月の四国高校新人大会、11月の県高校駅伝での
飛躍を目指して頑張ろう!!

22:15 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2020/09/15

第1回徳島県チャレンジ記録会の結果(陸上競技部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動顧問
 9月13日(日)に鳴門ポカリスエットスタジアムで第1回徳島県チャレンジ記録会が行われました。この競技会は、参加資格記録を突破している競技者のみ出場可能となり、各種目とも徳島県内のランキング上位者がエントリーしていました。また、競技開始も午後7時と涼しい時間帯でのスタートとなり、記録を狙う上では絶好の条件での競技会となりました。本校からは2名が出場させていただき、自己記録を更新した選手もおり、1週間後の県高校新人大会に向けて好材料となりました。次週は県高校新人大会が行われますが、男女総合優勝を目指して精一杯頑張りますので、応援宜しくお願い致します。なお、本校陸上競技部の試合結果については以下の通りです。

女子100m  第3位 裏巽 あや  12.37
        第7位 福島 千尋  13.07
女子200m  第2位 裏巽 あや  26.05
21:28 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2020/08/08

県選手権大会の結果(陸上競技部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動顧問
 7月23日(木)と24日(金)の2日間、鳴門ポカリスエットスタジアムで第91回徳島県陸上競技選手権大会が行われました。今大会は、例年5月に実施されていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で今年度は7月末に実施されることとなりました。1日目は絶好のグラウンドコンディションで、多くの選手が自己記録を更新しました。しかし、2日目は雨天となり、思うようなパフォーマンスを発揮できなかった選手が多かったです。そのような中、本校からは26名が参加し、多くの種目で上位入賞をしています。特に、1日目に行われた男子400mでは本校3年生の渡辺 勇輝大会新記録となる48.06をマークして優勝しました。この記録は徳島県高校新記録で、26年ぶりの記録更新となりました。また、女子4×400mRでも福島 千尋さん、千代田 一咲さん、花木 香凜さん、裏巽 あやさんのオーダーで優勝しました。
 今大会は、1日目と2日目でグラウンドコンディションが全く異なり、2日目の種目に出場した選手は、思うような取り組みができていなかったように感じます。特に2日間レースがあった選手は、コンディションを維持するのが難しかったと思います。学校対抗戦となる総体や新人大会は複数日開催となります。気温や天候が変化する中で、いかに自分自身のピークを合わせて好成績を残していくのか。今後、調整力を高めていくための取り組みを実践していきましょう。
 今大会も会場まで応援に来ていただいた保護者や関係者の方々、誠にありがとうございました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。次回競技会は、8月30日の強化記録会に出場予定です。全選手が自己記録の更新を目指し、9月の県新人大会に良い形で臨めるように頑張っていきます。
なお、本校陸上競技部の試合結果については以下の通りです。

男子200m  第2位 渡辺 勇輝     22.06
        第6位 楠 瑞喜      23.15
男子400m  第1位 渡辺 勇輝     48.06 大会新記録・県高校新記録
        第8位 宮本 淳平  51.14
男子800m  第8位 森 丈二   2:01.03
男子1500m   第3位 竹内 大貴  3:58.49
男子5000m   第6位 吉田 鐘   15:18.24
男子4×100mR 第2位 鳴門高校   43.20
    (石飛 李空、横畑 輝瑠、楠 瑞喜、宮本 淳平)
男子4×400mR 第3位 鳴門高校A   3:28.89
    (楠 瑞喜、宮崎 泰希、玉有 祐太、宮本 淳平)
男子走高跳   第2位 松長 光祐  1m75
男子走幅跳   第8位 大屋敷 官世 5m96
女子100m  第3位 裏巽 あや  12.47
        第7位 薬師寺 愛友 12.69
女子200m  第4位 裏巽 あや  26.66
        第7位 千代田 一咲 27.53
        第8位 福島 千尋  27.53
女子400mH  第3位 花木 香凜  1:14.09
女子4×100mR 第2位 鳴門高校   49.30
    (花木 香凜、裏巽 あや、千代田 一咲、福島 千尋)
女子4×400mR 第1位 鳴門高校   4:19.99
    (福島 千尋、千代田 一咲、花木 香凜、裏巽 あや)
女子走高跳 第2位 小川 梨衣菜   1m53
      第3位 佐藤 安里紗   1m45
      第5位 谷 陽夏     1m45
      第7位 小川 穂奈実   1m35
女子棒高跳 第2位 谷 陽夏     2m60


























































































07:06 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2020/08/04

県高校総体代替大会の結果(陸上競技部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動顧問
 今シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響により、県総体や四国総体、さらには全国高校総体(インターハイ)も中止となり、陸上競技の選手だけでなく多くの部活動生にとって非常に辛いシーズンとなりました。そのような状況の中、7月5日(土)に鳴門ポカリスエットスタジアムでは令和2年度徳島県高等学校総合体育大会代替大会(陸上競技)が行われました。今大会の個人種目のエントリーについては、3年生が2種目、1・2年生が1種目までと参加制限があり、従来の学校対抗の形式もない大会となりました。しかし、3年生にとってはこれまでの努力を発揮できる場が設けられ、記憶に残る大会となったことでしょう。コロナ禍の影響で競技会実施についても不透明な時期がありましたが、多くの方々のご支援やご協力により、無事に開催されたことを心から感謝いたします。
 さて、今大会は1日開催でトラック競技はすべてタイムレース決勝となりました。本校からは51名が出場しましたが、多くの選手が自己記録を更新し優勝や入賞をすることができました。男子では200mで渡辺 勇輝くん、1500mで村田 雄成くん、5000mで竹内 大貴くん、4×400mRで楠 瑞喜くん、渡辺 勇輝くん、合田 叶祈くん、宮本 淳平くんが、女子では走高跳の小川 梨衣菜さが頂点に立ちました。各選手とも今シーズン初めての競技会ということもあり、調整等が上手くいかない面も見られましたが、最後まで諦めず勝負することができました。この大会で多くの3年生が競技を終え、進路に向けてシフトチェンジしていきますが、進路実現のため精一杯頑張ってください。また、1・2年生は9月に行われる県新人大会や11月の県高校駅伝、そして来年の県総体に向けて、鳴高陸上競技部の伝統を受け継ぎ、連覇を目指して頑張りましょう!!
 大会当日、会場まで応援に来ていただいたOB・OGの方々、保護者や関係者の方々、そして競技会運営に関わっていただいた方々、誠にありがとうございました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。
今大会で経験させていただいたことを今後に生かし、チームがさらに発展していくよう取り組んでいきますので、引き続きご支援ご協力いただきますようお願い申し上げます。
なお、本校陸上競技部の試合結果については以下の通りです。

男子100m  第6位 楠 瑞喜      11.22
        第7位 中山 秀太  11.32
男子200m  第1位 渡辺 勇輝     21.78
男子400m  第3位 合田 叶祈     50.80
男子800m  第3位 坂部 新   2:02.73
        第6位 森 丈二   2:06.77
男子1500m   第1位 村田 雄成  4:05.86
        第4位 姫田 瑛斗  4:07.67
男子5000m   第1位 竹内 大貴  15:11.90
        第4位 吉田 鐘   15:34.59
男子3000mSC 第1位 山本 和博  9:52.22
                           第2位 楠木 太陽 10:32.27
男子4×100mR 第3位 鳴門高校   42.40
    (中山 秀太、渡辺 勇輝、楠 瑞喜、横畑 輝瑠)
男子4×400mR 第1位 鳴門高校   3:22.04
    (楠 瑞喜、渡辺 勇輝、合田 叶祈、宮本 淳平)
男子走高跳   第4位 松長 光祐  1m75
        第8位 岡田 航暉  1m65
男子走幅跳   第7位 大屋敷 官世 5m68
女子100m  第2位 裏巽 あや  12.68
女子1500m   第6位 吉岡 小都里 5:02.67
女子3000m   第2位 西渕 明里  10:21.50
                        第3位 鳥羽 琴美  10:43.45
                        第4位 浅田 菜摘  10:45.59
女子100mH  第2位 薬師寺 愛友 15.37
女子400mH  第2位 花木 香凜  1:14.58
女子4×100mR 第2位 鳴門高校   48.47
    (裏巽 あや、薬師寺 愛友、福島 千尋、千代田 一咲)
女子4×400mR 第2位 鳴門高校   4:10.17
    (裏巽 あや、山本 優奈、千代田 一咲、薬師寺 愛友)
女子走高跳 第1位 小川 梨衣菜   1m59
      第2位 佐藤 安里紗   1m56
      第5位 小川 穂奈実   1m45
女子棒高跳 第3位 谷 陽夏     2m60
      第4位 近藤 れつ    2m30




















































































従来とは違う県総体となりましたが、よく頑張りました。
今大会で競技を終える3年生の皆さん、お疲れ様でした。
競技を続ける3年生や1,2年生の皆さんは、全国大会や
県新人大会、県高校駅伝に向けて精一杯取り組みましょう!!


21:14 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2020/02/03

日本室内陸上大阪大会の結果(陸上競技部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動顧問
 2月1日(土)から2日(日)までの2日間、大阪市の大阪城ホールで2020日本室内陸上競技 大阪大会が行われ、本校からはU20 男子60mに渡辺 勇輝くんが出場しました。U20は高校2,3年生のカテゴリーですが、大学1年生も一部出場可能です。(※1~3月生まれの1年生)  また、今大会は全国ランキング上位相当の標準記録を突破しなければ出場することのできないハイレベルな大会でもあります。そのような中で今回出場した60mは、普段の競技会ではほとんど実施されず、スタートの反応や技術によってタイムが大きく変わってきます。100mや200mで後半にスピードが上がってくる渡辺くんにとっては、非常に難しい種目ではありますが、スタート動作時における現状課題把握のため今大会に出場しました。結果は予選敗退となりましたが、収穫や課題を確認することができ、今後の冬季練習終盤や春のトラックレース参戦に向けて良い経験を積むことができました。本校短距離ブロックは今後、冬季メニューからシーズン直前のメニューへと移行していきますが、効果的なトレーニングを積み、自信を持って試合に臨めるように取り組んでいきます。次回試合は3月29日(日)に行われる県強化記録会を予定しています。シーズン最初のレースとなりますが、良いスタートをチームとして切ることができるよう頑張りますので、これまで同様ご支援、ご声援をお願い致します。そして、今大会でも会場で応援していただいた徳島県関係者の方々、誠にありがとうございました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。
 なお、本校部員の試合結果については以下の通りです。

U20男子60m   渡辺 勇輝 
 予選:6組6着 7.05





試合会場の大阪城ホールです。
イベントやコンサートで使用されることが多いですが、
室内陸上競技大会では、このようなレイアウトとなります。





今大会の経験を生かし、4月からのトラックレースや
高校総体に向けて頑張ってください!!

17:36 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2020/02/03

県高校新人駅伝の結果(陸上競技部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動顧問
 2月2日(日)に鳴門スポーツパーク周辺コースで男子第62回 女子第26回 徳島県高等学校新人駅伝競走大会が行われました。大会当日は少し気温が高かったですが、良いのコンディションでレースがスタートしました。結果は男子が2位女子が3位となりました。
 男子の1区は、先頭と1分30秒差の5位で2区に襷を渡し、以降も3区間で区間賞を獲得する走りで上位を追いかけましたが、2位でのゴールとなりました。選手のケガ等で区間配置が思うようにいきませんでしたが、全選手が精一杯走りきることができ、2区の村田 雄成くん3区の吉田 鐘くん5区の竹内 大貴くん区間賞を獲得し、村田くんと竹内くんは区間新記録を樹立しました。
 女子は6連覇を目指して力走しましたが、1位と44秒差の3位でのゴールとなりました。2区の西渕 明里さん4区の鳥羽 琴美さん区間賞を獲得し、鳥羽さんは区間新記録を樹立しました。
男女ともに悔しい結果となりましたが、個人やチームの課題を改善し、レベルアップを図り4月からのトラックレースに備えたいと思います。今大会では優勝旗を男女ともに獲得できませんでしたが、今秋の県高校駅伝では、男女優勝を目指して取り組んでいきますので、今後ともご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。そして、大会当日に競技場や周回コースで応援をしていただいた保護者や関係者の方々、OB・OGの方々、誠にありがとうございました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。
なお、本校陸上競技部の試合結果については以下の通りです。

男子3位   1:21:41
1区(8km):山本 和博  区間5位 25:59
2区(3km):村田 雄成  区間1位   9:02 区間新記録
3区(5km):吉田 鐘   区間1位 15:08
4区(5km):楠木 太陽  区間4位 16:08
5区(5km):竹内 大貴  区間1位 15:24 区間新記録

男子Bチーム   1:27:02
1区(8km):湯浅 孝太郎 27:00
2区(3km):坂部 新     9:31
3区(5km):姫田 瑛斗  16:30
4区(5km):山川 真弘  16:37
5区(5km):金森 優至  17:24


女子3位     50:04
1区(5km):浅田 菜摘  区間2位 17:59
2区(3km):西渕 明里  区間1位 10:16
3区(3km):河野 有沙  区間4位 11:14
4区(3km):鳥羽 琴美  区間1位 10:35 区間新記録


開会式



開会式では、本校の西渕 明里さんが選手宣誓をさせていただきました。
2区でも区間賞を獲得する走りでチームを引っ張りました。
































女子第3位



男子2位



区間賞を獲得した皆さん。
おめでとうございました!!


女子2区 区間賞:西渕 明里さん


女子4区 区間賞:鳥羽 琴美さん



男子2区 区間賞:村田 雄成くん


男子3区 区間賞:吉田 鐘くん


男子5区 区間賞:竹内 大貴くん
16:41 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2020/01/15

全国都道府県対抗女子駅伝の結果(陸上競技部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動顧問
 1月12日(日)に京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着とするコースで第38回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会が行われ、本校からは小濱 麻央さん古山 育弥さん森岡 美羽さんの3名が徳島県代表として出場させていただきました。当日は曇り空で少し肌寒い天候でしたが、選手にとっては走りやすい状況でした。徳島県チームは1・2区の実業団選手の活躍で、2区終了時 6位と好位置でのスタートとなりました。本校3選手は全9区間中、5・6・7区を任されレースに臨みました。全国トップレベルの高校生や一般選手と競い合いましたが、順位アップには貢献できず、悔しい区間順位となりました。しかし、徳島県は3区以降も全選手が精一杯走りきり、目標としていた順位を上回る27位でのフィニッシュとなりました。今大会は、中学生・高校生・大学生や実業団などの一般選手と幅広い世代の選手でチームを構成して競う大会です。レースだけでなく様々な面で学ぶことが多く、本校選手にとっても良い経験になったと思います。この経験を個人やチームに生かし、次年度も本校選手が徳島県代表として選ばれ、貢献できるように取り組んでいきます。
 今大会も徳島県人会の方々にご支援やご声援をいただき誠にありがとうございました。また、大会期間中は徳島陸上競技協会やチームスタッフの方々にご指導やご支援・サポートしていただきありがとうございました。そして、大会当日京都まで応援に来ていただいた保護者や関係者の方々、遠方にもかかわらず応援ありがとうございました。部員・監督一同、心からお礼申し上げます。
なお、本校陸上競技部の試合結果については以下の通りです。


徳島県 27位    2:22:56
5区(4.1075km):小濱 麻央  区間  33位 14:06
6区(4.0875km):古山 育弥  区間  39位 14:13
7区(4km)         :森岡 美羽  区間  42位 14:00




小濱 麻央さん、古山 育弥さん、 森岡 美羽さん   お疲れ様でした。
次年度も本校選手の活躍を期待します。
大会役員や補助員の方々、競技運営等お世話になりました。
 

21:06 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
1234