日誌

新規日誌1
12
2016/12/05

英語スピーチコンテスト四国ブロック代表選考会 結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:国際交流
平成28年12月4日に高知県立追手門高等学校において、第10回全国高等学校英語スピーチコンテストが開催され、徳島県代表として鳴門高校の吉川森璃さんが参加しました。
四国各県の予選会を勝ち抜いた各2名ずつが出場し、英語を通して環境問題やグローバル化、また自分の体験などを述べました。
吉川さんは「How Can We Find Peace」という演題で、沖縄出身で基地問題が日常であった経験をもとに、平和構築のために、お互いが理解し合い、世界の出来事に関心をもつことが必要である、と熱弁しました。
観客1人1人に訴えかける迫力のあるスピーチで、見事四国ブロック予選会で第3位を頂くことができました。
惜しくも四国ブロック代表とはなりませんでしたが、この経験を生かし、今後の高校生活を有意義なものにしてくれると思います。
応援ありがとうございました。


14:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/10/20

ドイツ人生徒と鳴高生との交流

Tweet ThisSend to Facebook | by:国際交流
  
              書道の授業に参加しました。



     
              昼休みに一緒にお弁当を食べました。


      
           3年生の英語の授業に参加しました。
 
 

  
 放課後に女子サッカー部の生徒達と一緒にサッカーをして楽しみました。
17:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/10/19

リューネブルク市親善使節団青少年来校

Tweet ThisSend to Facebook | by:国際交流
リューネブルク市親善使節の4人のドイツ人の生徒達が本校を訪れ,歓迎会を行いました。10月17日より24日まで本校に滞在し、ホストファミリーの生徒と一緒に様々な授業に参加して、鳴門高校での学校生活を体験します。

   
  自己紹介                      阿波踊りを一緒に踊りました。
08:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/10/11

徳島県高等学校英語弁論大会 優勝!

Tweet ThisSend to Facebook | by:国際交流


10月10日に行われた徳島県高等学校英語弁論大会にて、
2年生の吉川森璃さんが見事1位に選ばれました!

沖縄出身で基地問題が日常であった経験をもとに、お互いが理解し合い、
世界の出来事に関心をもつことが平和構築のためには必要であり、
一人一人ができることだ、と熱弁しました。

1月に行われる四国大会に徳島県代表として出場し、全国大会を目指します。
応援よろしくお願い致します。


17:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/07/26

留学生お別れスピーチ

Tweet ThisSend to Facebook | by:国際交流
今年の4月にアルゼンチンから留学生のラミロくんが来て一緒に勉強していましたが、
転校することとなり、終業式の日にお別れスピーチをしました。

最初は日本語も英語も話せず、コミュニケーションをとることが難しかったですが、
お別れのスピーチでは上手に日本語で話せていました。


最後はクラスで記念写真を撮りました。また遊びにきてね。

17:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/05/17

アルゼンチンからの留学生

Tweet ThisSend to Facebook | by:国際交流
本年度より、アルゼンチンからの留学生ラミロ・イスマエル・ティミノくんが鳴高に通っています。
入学当初は日本語が分からず、校舎も広いので迷子になったり...と苦戦の日々でしたが、徐々に学校生活にも慣れてきています。
206HRに在籍し、クラスの生徒達と和気あいあいと楽しそうです。
日本の文化が大好きなラミロくんは、剣道部に所属し、顧問の山本先生の指導のもと、日々特訓を重ねています。
近い将来、剣道アルゼンチン代表に・・・!?
来年の2月まで一緒に生活をしますが、まだまだ分からないことはあるので、サポートをよろしくお願い致します。
そしてアルゼンチンという国やスペイン語に興味がある人はぜひ話しかけて下さい☆




16:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/02/15

モリー・フライシャーさん帰国

Tweet ThisSend to Facebook | by:国際交流
昨年の4月から本校に留学していたモリー・フライシャーさんが、2月6日、アメリカへ帰国しました。
モリーさんより
「最初、日本に来たときは不安だったけど、時間がたって優しい人たちに囲まれていることが分かりました。日本語を勉強しながら日本の高校生活を経験することができてすごく良かったです。
  先生方、いっぱい教えてくれてありがとうございました。生徒の皆さん、仲良くしてくれてありがとうございました。本当に感謝しています。皆さんのおかげでこの10ヶ月間は一生忘れない思い出になりました。帰るのはさみしいけど、また日本に戻ったら皆さんに会えたらいいと思います。これからも鳴門高校で頑張って下さい。皆さん、本当にありがとうございました。」



             茶道部での記念撮影



           104HRのクラスメイトとの記念撮影
14:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/11/17

英語暗唱コンテスト

Tweet ThisSend to Facebook | by:国際交流
11月14日(土)に徳島文理大学で行われた英語暗唱コンテストに、
鳴門高校の代表として106HRの吉川さんが出場しました。
題目は"Nobel Lecture"(2014) by Malala Yousafzai
女性や子どもの教育の権利を訴えて活動しているマララさんが、ノーベル平和賞の授賞式で行った有名なスピーチの1部です。

「なぜ戦車をつくることは簡単で、学校を建てることは難しいのか」
吉川さんは、マララさんのように感情を込めて、聴衆の心に訴えかけるすばらしいスピーチを行いました。
結果は出場者11名中2位の優秀賞でした。





スピーチの後、ほっと胸をなでおろして、
「緊張したけど、人前で話をすることは気持ちよかった。次は上位を目指して頑張りたい。」
と目標に向けて目を輝かせている姿はまるでマララさんのようでした。
14:36 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/11/17

Halloween special class

Tweet ThisSend to Facebook | by:国際交流
鳴門高校には今年の8月から新しく、Mark先生が英語の授業に来てくれています。
とても優秀な大学(日本で言う慶応大学)でコンピューター科学を専攻していました。
日本は初めてということで、先生方と一緒にお好み焼きやラーメンを食べに行ったりして、徐々に日本の授業や生活に慣れてきています。

そんなアメリカ生まれアメリカ育ちのMark、
Halloweenは、どんなコスチュームをするのかとみんな期待していました。



お分かりいただけるでしょうか。
かの有名なジブリ映画のあの人です。
生徒は、「忍者?」「侍?」と反応はイマイチでしたが(笑)、先生方からは大好評でした!

これからも授業や様々な学校行事を通してMark先生と楽しく英語を学んでいきたいと思います!
14:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/04/30

アメリカからの留学生

Tweet ThisSend to Facebook | by:国際交流
本年度、アメリカからの留学生である、モリー・フライシャーさんが本校に10ヶ月間、滞在することになりました。
モリーさんは毎日生徒達と一緒に授業を受けたり、様々な活動に取り組んだりして本校生と交流を深めています。


            
        対面式でのあいさつ                   授業にも熱心に取り組んでいます
14:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12